忍者ブログ
今期も真菜子はブログ担当です。

2018

0526
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007

0126

昨日はなにやら、真菜子からずっと監視されていたような気がするが…。

ともあれ再更新で確定されたようだな。
私の火傷も軽傷で済むようになった。この辺りは幸運だったと言えよう。
鬼火は実力的にいっても、2対1で均衡するレベルだったということだな。

早く自分自身も余裕で森を通過できる程度の実力を身につけたいものだ。
ともあれ、無事に切り抜けたことを共闘者のフォン、ノーチェ嬢に感謝したい。


ところで、最近なにやら2対1戦の優位性について論議が交わされているようだ。

これについて私なりに思うことがあるので、少し書かせて貰おうか。
ちなみに完全なる私見でしかない為、一つの意見として読み流して頂きたい。



議題になっている2対1の優位性というのは
好戦度を-1にして2対1の構図を作りだしているわけだが、これには、

・意図的に持ち込んで、強い敵を撃破できるメリットがある(能動的)
・2対1に持ち込まなければ到底突破できない地点がある(受動的)

二つの要因が絡んでいるように思う。
敢えてそれを望んで持ち込んでいるのか、そうせざるを得ない状況なのか、
どちらの理由からそれを採用するかで全く意味が変わってくるわけで

現在の森や山岳の敵出現傾向、強化状況を見る限りでは
2対1にせざるを得ない、という様子が強いように感じる。

それだけ厳しめの出現敵設定がされているが故に、
取れる対抗策として有力なのが現在の2対1での戦闘だと言えよう。
(2対1でも確実に勝てるかどうかは分からない程度でもあるわけだが)

だから強敵を倒しやすい様な2対1の設定はアンフェアなのか?

という議題に移った場合、それは一概に言い切れないのではと思う。
そう考える理由を以下に並べてみた。


1.2対1でも場合によっては勝てない程の敵が出現する。

 まずは上述の通り。有利ではあるが、絶対性を保証出来る程ではない。
 運が絡まなければ勝てないレベルの敵が出現するようになっている。

2.敗北することによるデメリットが比較して緩くなっている。

 これは以前の学園や島の状況を比較しての話だが、以前は敗北=続行不可
 くらいに復帰がシビアな世界だった。学園では単位マイナスなども大きい。

 比べて、今回の敗北のデメリットは持久値と戦闘獲得CP、アイテム等のみ。
 失う物が少ないというのがよく分かるだろう。

3.1度敗北しても大丈夫な程度の位置に、中継魔法陣が点在している。

 敗北で一番影響があるもの、それが持久の激減なわけだが
 今回の魔法陣システムは非常に良くできており、1度敗北した程度の持久ならば
 リカバリー可能な位置に魔法陣が存在している。
 
 技を多く覚えて持久最大値が増えている現在なら、敢えて遺跡外に出た方が、
 有利と見えるまでに上手く設定されていると言えないだろうか。


簡単に挙げてみて思うのだが、この遺跡の設計者は


『戦闘を敗北することも踏まえて、進めることを推奨している』


のではないかということだ。
もちろん、人の心情として敗北するのは残念な事であるし、多少のマイナスもある。
しかしデータ面で言えば少々の差でしかなく、救済措置も存在する。

つまり戦闘敗北を踏まえた上で突き進む、という探索方法もあるのではないか。


だからといって2対1が決して有利ではない、という結論には繋がらないわけだが、

私が言いたいのは、2対1が戦術的に有効であるということを肯定した上で
一つの方法として受け入れてみてはいかがか、ということだ。

3人PTやソロに不公平だという声も聞かれるが、
ならば危険地帯を突破する時だけ、一時的に同行者を募ってみてはどうだろう。

この差は学園の頃に騒がれていた強力な技能や攻撃技などとは違い、
埋めることが出来ない圧倒的な物ではないと思うのだがどうか?

もちろん同行者に恵まれるかどうかまでは保証できるものではないが、
行動を起こせば風向きが変わる可能性は大いにある。

そしてこの優位性によって生まれる差など、現時点では微々たるものなのだから


世界を変えようと訴える前に、まずは己を変える事にも目を向けてみて欲しい。


以上、思う所を述べさせて貰った。

もちろん私は現在、このような2対1の優位性を得られる立場にあり、
頼れる仲間達が多くいるという事を自覚した上での発言だ。

『貴方は今恵まれているからそう言えるだろうが、』

という批判は甘んじて受けさせて頂く。同時にこのような環境に感謝する次第だ。


長くなってしまったな。
私の発言に問題や誤りが見られた場合は是非ともご意見を頂きたい所だ。
皆さんの遺跡探索生活がより楽しみに溢れた物になることを祈っている。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アルカナまなこ
最新コメント
[09/01 むらた]
[08/30 flat]
[06/12 真菜子]
[06/07 六道 葛PL]
[05/13 真菜子]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
一ノ瀬 真菜子
性別:
女性
職業:
助手兼マネージャー
趣味:
ふふ。一杯ですよ☆
自己紹介:

身長:170cmは確実に。
体重:永遠のヒミツです★
体型:胸元には自信アリ!

趣味:萌えたりキューンってなったり。
特技:一気に駄文を打てること?

好きな食品:
 オハヨーマンゴーヨーグルト。
苦手な食品:
 酢昆布。
好きなもの:
 キューンとするもの。
嫌いなもの:
 キューンとしないもの。

性格:見たままです!
口癖:無いと思いますけどー。

仕事:某有名コスメサロン勤務。
副業:茶坊主の行動監視。


坊主:千利仇 末永

あんまり相手にしない方がいいですよ。
すぐに怒り出す茶道の達人らしいです。
どうしてこの人が私の先生と知り合いなのか謎…
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP